Slider
触れる芸術

「漆器」は、数少ない「触れられる芸術」と言われています。


生活の中にひっそりと佇み、生活を豊かにしてくれる芸術。


毎日の食卓から特別な年中行事まで、いつも我々のそばにある日本の心。


それが漆です。

Slider
うるしのはなし

本文化の歴史を辿ってみると、漆が深く関わってきたことがわかります。法隆寺に所蔵されている玉虫厨子は、日本最古の漆工品として知られています。飛鳥奈良時代は、仏教の伝来を契機として、中国や朝鮮の影響を受け、美術工芸は進歩発展を遂げることになりました。仏像及び仏具の製作も旺盛を極め、漆工も異常なる進歩を促しました。






(うるし)は、漆の樹から


































Slider